バイト (工具)

バイトとは、旋盤や平削盤などでの切削加工に用いられる工具(切削工具)。

バイトという呼び方は和製語で、オランダ語やドイツ語で鑿(のみ)を意味するbeitelに由来するという説や、英語のbit(刃)や bite(切り込む)に由来するという説がある。

adobestock_112752115_wm

構造による分類

付け刃バイトの例

バイトの最も基本的な要素は刃先とシャンクである。工作機械はシャンク部分を挟み込むように工具を保持し、刃先を素材と接触させて加工を行う。構造(刃先とシャンクの結合方法)によりバイトは以下の3種類に大別される。

スローアウェイバイト

刃先とシャンクが別の部品になっており、それらをねじ等で機械的に結合する。交換用の刃先(インサートスローアウェイチップなどと称される)は成形済みの製品として販売され、シャンクに取り付ければすぐに使用できる。摩耗したインサートは交換でき、利便性に優れるため、現在では最も一般的なバイトとなっている。標準的な形状のインサートはISOで規格化されている。

outils_externes
lathecarbidetippedtool